福島県くだもの消費拡大委員会
 HOME

福島県くだもの消費拡大委員会の活動

 概 要
福島の果樹は、恵まれた立地条件を生かし、「サクランボ」に始まり「モモ」「ナシ」「ブドウ」「リンゴ」など多くの品目が栽培され、福島の農業を支える基幹作物となっています。
近年、消費者ニーズが多様化し、高品質志向が強まり産地間の競争も激化する中で、「ミスピーチキャンペーンクルー」によるPR活動を全国各地で展開するとともに、JR福島駅構内やこむこむ館において、果樹の展示PRを行い、福島産くだものの消費拡大を図ります。
 HOME
 歴 史
昭和38年 ピーチガール街頭宣伝始まる。
(福島県と福島県経済連で実施)
昭和44年 一部事業が福島ももまつり運営委員会に。
昭和46年 全事業が福島くだものまつり運営委員会に。(東京でのPRを開始)
昭和48年   観光果樹園開設、フルーツライン設定
昭和49年 北海道PR事業始まる。
昭和50年 ピーチガールからミスピーチに名称変更。
昭和51年   大阪でのPR開始
昭和53年 福島県くだもの消費拡大委員会に名称変更。
昭和54年   東京で新品種「あかつき」試食会
昭和55年   JR福島駅新幹線ホームPR開始
昭和62年   ナシ、リンゴPR開始
平成4年   福岡、長崎でのPR開始
平成6年   サクランボPR開始
平成12年   応募資格変更(未婚問わず、18歳以上の女性)
平成13年   ホームページ開設
うつくしま未来博PR
平成15年 ミスピーチからミスピーチキャンペーンクルーに名称変更。
「わいわい夢果樹園」開園。
平成16年   かわさき市民祭りPR開始
平成17年   JR福島駅構内鉢植え果樹展示
平成19年   応募資格変更(県内在勤、在学者も応募可)
平成23年   東日本大震災により選考会中止(前期クルーを再委嘱)
平成24年   2名増員により12名体制となる
平成28年   2名増員を終了し従来の10名体制となる

S47年 ももPR風景
(東京でのPR)
 HOME
 構成団体
(11団体)
福島県、福島市、伊達市、伊達郡町村会、全国農業協同組合連合会福島県本部、ふくしま未来農業協同組合、伊達果実農業協同組合、福島中央青果卸売株式会社、福島青果卸売協同組合、福島青果商業協同組合、東日本旅客鉄道株式会社福島駅
 HOME
 役員体制
委員長 小林 香 福島市長
副委員長 仁志田 昇司 伊達市長
橋 宣博 伊達郡町村会長
小野 和彦 福島県農林水産部長
猪俣 孝二 全国農業協同組合連合会福島県本部長
菅野 孝志 ふくしま未来農業協同組合代表理事組合長
監事 半澤 正志 全国農業協同組合連合会福島県本部園芸部長
伊藤 昌廣 ふくしま未来農業協同組合代表理事専務(営農経済担当)
 HOME
 主な事業内容
(平成27年度)
4月25日 「ミスピーチキャンペーンクルー」選考会
5月中旬〜下旬 「ミスピーチキャンペーンクルー」勉強会
5月下旬〜7月中旬 「ミスピーチキャンペーンクルー」出発式及び地元関係機関訪問
7月上旬〜9月上旬 「モモPR」
・JR福島駅新幹線モモPR
・首都圏量販店PR
・北海道地区PR(札幌市、旭川市)
・九州地区PR(北九州市、福岡市、長崎市)
・首都圏PR(大田区、新宿区、荒川区、日本橋ふくしま館-MIDETTE)
・阪神地区PR(神戸市、大阪市)
・モモ収穫祭
8月下旬 「ナシPR」
・首都圏量販店PR
・阪神地区量販店PR
10月中旬〜12月 「リンゴPR」
・東京都農業祭
・かわさき市民まつり
・首都圏PR
・阪神地区PR
・いわきPR
・リンゴ収穫祭
3月 「花モモPR」
・福島県内でのPR
 HOME



 HOME