福島県くだもの消費拡大委員会
 HOME  全体カレンダー

ももの食べ頃カレンダー

  • 市町村別で全国第2位の生産(県別でも第2位)は福島のくだものの顔です。
  • 7月20日ごろに日川白鳳の収穫で始まり、7月下旬の暁星、8月に入ると白鳳、あかつきが食べどき、下旬には川中島白桃、9月のゆうぞらと続きます。
  • 品種ごとにおいしさが違いますので、ぜひ福島市にお越しになって食べ比べてみてください。


7月

8月

9月
   
暁 星
             
       
あかつき
         
           
川中島白桃
     
           
ゆうぞら
   

暁星
【暁星】
 福島県で「あかつき」の枝変わりとして発見された品種で、「あかつき」に似て食味が極めて良好です。食べ頃は7月下旬ごろです。
   
あかつき
【あかつき】
 白桃を母親に白鳳を父親に持ち、福島県で命名された品種です。果樹王国福島を担う、主力品種として広く栽培されています。果肉はち密で甘味も強く、食べ頃は8月上中旬ごろです。
   
川中島白桃
【川中島白桃】
 長野県のモモ園で、偶然見つけられた大玉モモです。果肉はやや硬めで、甘味の強い品種です。花粉を持っていないので、栽培面で工夫が必要です。食べ頃は8月下旬ごろで、収穫期の幅が広く、日持ちがよい品種です。
   
ゆうぞら
【ゆうぞら】
 白桃を母親に、あかつきを父親に持つ晩生品種です。果肉はあかつきに似て、ち密で甘く、繊維が少ないなめらかさのあるモモです。食べ頃は8月末から9月上旬ごろで、日持ちのよい品種です。



 HOME  全体カレンダー